それを言ったらおしまい、というか彼の神経を疑うようなことを言われました。
わたしたちはたしかにはっきりと告白してつきあっているわけじゃないし、彼のめんどくさがりな性格のこともよくわかっているつもりでしたけれども、だからと言って言っていいことと悪いことの区別くらいはつけて欲しいと思うんです。

彼ってもともと口が災いの元っていうタイプで失言をして周囲のひんしゅくを買って袋だたきにあうタイプで、前の職場でもある女性に対して「やせたらもっともてるんじゃないの」とか「そんなんだから結婚できないんじゃないの」と発言して、周囲の女性たちから総スカンをくらい、辞職に追い込まれました。
無神経なので、そういうハメになってもあまり反省していなかったみたいです。

そんな人ですから、わたしに対しても当然同じように無神経な発言を繰り返し、とうとうわたしに対して「おまえといちいち会って話をするのも面倒だ」といいました。
それってわたしに対して恋人とすら思ってないってことですよね。
こんな男性なんてありえないし、わたしは彼からの連絡を全部切って、今ではもう自然消滅しています。